宅建業登録や更新を代行しております。宅建業登録に関する無料相談もおこなっております。

宅建業登録に関するお問合せは、こちらから行うことが出来ます。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談

宅建業登録・更新代行、宅建業法の相談窓口
TEL03-6452-9889

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談 宅建業登録・更新の無料相談は今すぐこちらへ。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談宅建業登録代行センター[HOME]

宅建業とは俗に言う”不動産業”のことです。不動産業をはじめるならば必ず必要な免許登録手続きです。
宅建業登録にまつわる複雑で面倒な手続きなどは全て代行致しますので、お気軽にご相談下さい。
行政書士による無料相談・登録代行手続きを行っております。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談

供託金などの手続き

免許者として適格と判断されますと申請者の住所地に免許の通知(はがき)が届きます。そうしたら法務局へ営業保証金本店1000万円支店1店舗につき500万円の供託をするか、あるいは宅地建物取引業保証協会等(以下保証協会といいます)へ加入、弁済業務保証金分担金を納めます。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談 宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談
?宅地建物取引業保証協会(保証協会)とは?
宅建業法では、宅地建物の取引が公正かつ安全に行われるよう多くの規制をしていますが、それでも事故が発生することがあります。これらの取引によって生じた債務について弁済を一定範囲で担保するための措置として、「供託所」に法定の「営業保証金」を供託し、取引により生じた損害に相当する金銭の還付を受けることができることとしています。

保証協会に加入する場合

宅地建物取引業保証協会は国土交通大臣から指定を受けた社団法人で、宅地建物取引業に関して、苦情の解決、従事者に対する研修、取引により生じた債権の弁済等の業務を行っています。

宅地建物の取引によって債権が生じた者は、同保証協会の認証を得て、営業保証金相当額の範囲内において弁済を受けられるようになっています。

弁済業務保証金分担金を支払い、保証協会に加入すれば、営業保証金(本店1000万円支店1店舗につき500万円)を供託する必要はありません。

◇現在、宅地建物取引業保証協会は、下記の二つが指定されています。この保証協会のいずれか一方にしか加入できません。

(社)全国宅地建物取引業保証協会 (ホームページ)
(社)不動産保証協会 (ホームページ)

◇保証協会への加入は、保証協会の社員になり得る資格、会費等の規定もあり、入会審査等に日数を要します。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談 宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談

この手続きと平行し、専任の宅地建物取引主任者の勤務先登録(指定様式用紙)をしなければなりません。

また挨拶状や開業チラシの作成や事務所の看板、事務所で使用するパソコンや事務機器等の備品を取りそろえ、開業の準備をいたしましょう。

開業にあたって、宅建業法をはじめとする法を遵守、公序良俗に反することはしないというのは免許業者としては当然のこととして、免許業者としてさらに義務づけられているものに下記のようなものがあります。いずれも怠ったり、虚偽がありますと行政処分等を受ける場合がありますのでご留意ください。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談ご相談はいますぐこちらへ

「証明書の携帯等」の 義務

宅地建物主任者証の携帯、提示
従業者証明書の交付、携帯、掲示
従業者名簿の作成、保存、閲覧

・宅建業者は、従業者に、その従業者であることを証する証明書を携帯させなけれ
  ば、その者を業務に従事させてはなりません。
・従業者は取引関係者の請求があったときは、従業者証明書を提示しなければな
  りません。
・宅建業者は事務所ごとに従業者名簿を備え、取引の関係者の請求があった場合
  には、閲覧に供しなければなりません。また、従業者名簿は最終の記載日から
  10年間保存しなければなりません。

「帳簿の備え付け」 の義務

業務に関する帳簿の作成と保存

・宅建業者は、事務所ごとに業務に関する帳簿を備え付けなければなりません
・宅建業者は、取引があったつど帳簿に、取引年月日、取引物件の所在場所・面積・
  代金・報酬の額、取引に関与した他の宅建業者の氏名等の一定事項を記載しな
  ければなりません。
・宅建業者は、事業年度末に帳簿を閉鎖し、閉鎖後5年間保存しなければなりません

「標識の掲示等」 の義務

業者票、報酬額表の掲示

・宅建業者は、公衆の見やすい場所に、宅建業者である旨の標識(業者票、報酬
 額表)を掲示しなければなりません。


最後に通知はがきの提出と供託等、取引主任者の勤務先登録の届出をすませることで免許が交付され、営業ができるようになります。

なお保証協会へは入会金等や会費など分担金を含めると230万円程度を納めることになります。保証協会によってこの金額は変わりますので、加入される保証協会に詳しくはお問合せ下さい。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談ご相談はいますぐこちらへ

INDEX
HOME[宅建業登録・更新代行]
宅建業法に基づく免許とは?
免許の種類
免許の要件
申請に必要な書類
宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談供託金などの手続き
宅建業登録の許可申請の流れ
申請事項の変更届
免許の更新
廃業届
宅建業登録・更新代行センターについて
宅建業登録・更新に関する無料相談
特定商取引に関する表示
人材募集
行政書士、協議会スタッフ、執筆者など
※詳しくは応募要綱をご覧下さい。
 今月のオススメ 
皆さんに是非オススメしたい書籍や小冊子、CD-ROM、VTRなどです。


相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録

Copyright 宅建業取引免許登録・更新代行センター. All Rights Reserved

宅建業登録・更新代行センターの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。