宅建業登録や更新を代行しております。宅建業登録に関する無料相談もおこなっております。

宅建業登録に関するお問合せは、こちらから行うことが出来ます。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談

宅建業登録・更新代行、宅建業法の相談窓口
TEL03-6452-9889

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談 宅建業登録・更新の無料相談は今すぐこちらへ。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談宅建業登録代行センター[HOME]

宅建業=宅地建物取引業。俗に言う”不動産業”のことです。不動産業をはじめるならば必ず必要な免許登録手続きです。
宅建業登録にまつわる複雑で面倒な手続きなどは全て代行致しますので、お気軽にご相談下さい。
行政書士による無料相談・登録代行手続きを行っております。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談

宅建業法に基づく免許とは?宅建業登録とは?

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談 宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談

不動産業(俗称)宅建業(略称)宅地建物取引業(正式)

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談 宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談

この宅建業法で規定する宅建業とは土地もしくは建物の「売買・交換・貸借」を「自ら行うか、代理するか、媒介するか」であって、地主がアパートを建てて人に貸している、つまり「自らが賃貸する」場合や、ビルオーナーから委託され「ビルなどを管理する」場合などはこれに該当しません。

宅建業法に、宅地や建物の取引に関することを業(不特定多数の人に反復継続すること)として行うには免許が必要であると定められています。これに違反するともちろん罰せられます。

下記○印の行為について反復又は継続するものが宅建業法に該当します。

区分 自己物件 他人の物件の代理 他人の物件の媒介
売買
交換
貸借 ×

※免許を受けずに宅建業を行ったものは、3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に書せられ、又はこれを併科されます。

ではどうしてこのような法律があるかといいますと、不動産の取引はほかの取引と比べて高額で、しかも法律的な要素が多く、そのことで海千山千の業者と消費者との知識差がかなりある。もし狡知で悪徳な業者が消費者の無知をよいことに好き勝手なことでもしたら大変です。

そこで消費者が悪質な業者によって騙されないよう、損害を受けないよう、誰彼でも自由に営業はできないと法で定め、適格者だけに免許を与え(登録)、業者を行政の管理監督下に置き、そうすることで間接的ですが消費者保護をはかっているのです。

報酬等も同様の理由から消費者の一方的不利益とならないよう、一定額を定めているわけです。

ところでこれは余談ですが、われわれは通常、宅建業と呼んでおりますが、宅地建物取引業が正しい呼び方です。又、俗に言う、不動産業というのは、この宅地建物取引業のことをさしています。

宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談ご相談はいますぐこちらへ

INDEX
HOME[宅建業登録・更新代行]
宅建業登録代行センター / 宅建業法、宅建業協会、宅建業登録の相談宅建業法に基づく免許とは?
免許の種類
免許の要件
申請に必要な書類
供託金などの手続き
宅建業登録の許可申請の流れ
申請事項の変更届
免許の更新
廃業届
宅建業登録・更新代行センターについて
宅建業登録・更新に関する無料相談
特定商取引に関する表示
人材募集
行政書士、協議会スタッフ、執筆者など
※詳しくは応募要綱をご覧下さい。
 今月のオススメ 
皆さんに是非オススメしたい書籍や小冊子、CD-ROM、VTRなどです。


相続・遺言遺産相続悪徳商法・クーリングオフ
離婚相談・慰謝料・調停ストーカー被害・対策・相談
就労ビザ・申請・取得NPO法人設立代行会社設立代行
公正証書作成内容証明作成建設業許可登録貸金業登録宅建業登録

Copyright 宅建業取引免許登録・更新代行センター. All Rights Reserved

宅建業登録・更新代行センターの許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。